見よう見まね掲示板

ネスケ推奨。タグは効きません。IPはソースに出ます。半角カンマは消えます。半角スペースは使用できます。改行を入れなくても勝手に折り返します。(ただし半角文字の長大な文字列は右に突きぬけるので書き込まないでください) 入力可能最大文字数は「お名前:全角なら40文字まで、メールアドレス:半角なら80文字まで、内容:全角なら1200文字まで」です。最大表示件数は50です。それ以前の書き込みは消えます。
お名前
メールアドレス
省略可
内 容

ヘキサ弟子丸 2021年01月31日10時35分(日)(514)

ご丁寧にありがとうございます。
在りし日の姿はストリートビューの過去画像でも見られるのですが、
取り壊される姿に愛惜を感じて紹介してみました。

西木 2021年01月29日05時05分(金)(513)

初めまして。幼い頃、高槻市日吉台の公務員宿舎に住んでいた者です。ふと昔が懐かしくてたまらなくなったものの、自分では宿舎の姿を写真に残しておらず、ネットで検索してこちらのサイトに辿り着きました。
懐かしい建物を再び見ることができて嬉しかったです。ありがとうございました。

ヘキサ弟子丸 2020年12月20日16時29分(日)(512)

気に入っていただけて何よりです。
ごゆるりとどうぞ。

タカ石橋 2020年12月19日11時26分(土)(511)

お邪魔します!
大好きな「木枯し紋次郎」で検索して、たまたま漂着いたしました。
いや、もう、驚愕の調査力と膨大なるデータ量に、大コーフン!
イカレテル(←最大級の賛辞)としか言いようがありません!(^o^;;
じっくり拝見させていただきますm(__)m

oonnoo 2018年08月03日09時04分(金)(510)

ヘキサ弟子丸様
民家の情報ありがとうございました。
いわれてみると確かに石灯籠ありますねぇ。
民家の雰囲気だけで判断すると奥まった田舎、他のロケ地とのハシゴ撮影も可能な圏内といったら、亀岡市西別院町の気もいたします。

ヘキサ弟子丸 2018年08月02日20時02分(木)(509)

採取場関係はそうでしょうねえ。
京都の西京区の沓掛に採石場があって、映画「大魔神」のロケに使った
というので、国土変遷アーカイブの古い航空写真で位置を特定して、グ
ーグルで探してみたら、すでに霊園や住宅地に変貌しておりました。
閉山した跡地で撮影というのなら、まだ当時のままという可能性もあり
ますが、おそらく草ぼうぼうで航空写真では判別不可能でしょう。

ところで所在不明の民家ですが、これも例の橋と同様、散々探しても見
つかりませんでした。
うちのサイトでは民家の表が映る3作しか掲載しておりませんが、実は
他のエピソードでも、母屋と納屋の間の中庭が結構ロケに使われており
ます。
ですのでスタッフお気に入り物件だと思われ、京都からそれほど遠くな
いと思うのですが手がかり無しです。
家の横に石灯籠があるので、おそらくそばに神社があると踏んで、国土
変遷アーカイブの地図上の神社マークを片っ端から当たりましたがダメ
でした。
本編映像を見ると結構広い道沿いで、田畑を見下ろす感じの高所なんで
すが。

oonnoo 2018年08月02日09時37分(木)(508)

ヘキサ弟子丸様
山砂利採取場は変形していくので、ロケ地を突き止めても無意味なのかもしれませんネ。


ところで貴ブログ
★所在地不明のシーンで、特に気になるものを紹介★
★「第11話 龍胆は夕映えに降った」「第20話 暁の追分に立つ」「第32話 明鴉に死地を射た」に出てくる民家★

って、花脊にあるのですか?
訪問してみたいです。
些細なことでもいいので情報くださいませんか。

oonnoo 2018年07月30日08時44分(月)(507)

ヘキサ弟子丸様
山砂利 採取場跡地・・・なるほどです。ご案内ありがとうございました。花脊みたいな有力な手がかりは厳しんですね。

山砂利採取場跡地っぽいところといえば、続・木枯し紋次郎「第20話 上州新田郡三日月村」も印象深かったです。他の劇中にも砂利取り場のロケ地がたくさんあって、興味が尽きません。

ヘキサ弟子丸 2018年07月27日20時55分(金)(506)

賽を二度振るの方は地層が砂礫ぽいので、宇治から城陽にかけての山砂利
採取場跡地のように思えます。
理由は、単にあのあたりで大規模に砂利の採取を行っていたというだけで、
いささか根拠に乏しいのですが。
鴉が三羽と笛の流れは岩場風なので別の場所でしょうが、どこかと問われ
ると答に窮します。
なにしろ砂利取り場や砕石場はあちこちにあるので、私もはなから探索は
放棄している次第です。
新・紋次郎は予算に乏しかったそうなので、京都からそう遠くでは無いと
思うのですが。

oonnoo 2018年07月27日09時06分(金)(505)

ヘキサ弟子丸様
昨今の異常気象、困ったものです。
毎年大雨で流されるもんだから、流れ橋は去年から直されてませんね。
今年は直すのでしょうか。

さて、新 木枯し紋次郎・・・
第5話 賽を二度振る急ぎ旅    で、紋次郎と綿引洪さんが決闘する砂山みたいな峠
第10話 鴉が三羽の身代金     で、 紋次郎たちが拘留されるはげ山
第11話 笛の流れは三度まで で、ホーン・ユキさんが落石で死ぬ岩場

これらはみんな同じ場所? のような気がします。
だいぶひろびろとした処みたいです。
亀岡周辺でこれだけ広い用地が残っているのは限られるとおもわれれます。
どこでしょうか?

お手すきのときにおしえてください。


ヘキサ弟子丸 2018年07月26日19時43分(木)(504)

お役に立って何よりです。
この暑さ、お互い何とか乗り切りましょう。

oonnoo 2018年07月25日12時27分(水)(503)

暑中お見舞い申し上げます!
詳細な見解書をアップロードしてくださりありがとうございます。
大変わかり易く感激しました。
google mapと突き合わせたら、この農家まだ現存とのこと。ロケ地巡りできますね! 再訪問して写真を撮ってきたいなあとおもいます。紋次郎風にいうと、「弟子丸さんは名の通った貫録ある親分さんとお見受けしました、どうか旅のお供をおねがいしたい」ぐらいです。

ヘキサ弟子丸 2018年07月24日20時11分(火)(502)

当方の見解をまとめてみました。

ttp://comics.sakura.ne.jp/monjiro/mj998.htm

大雑把なので説明が足りないかもしれませんが、そのあたりはご理解の
ほどを。

oonnoo 2018年07月23日18時50分(月)(501)

google map で国道477線を福田寺から花脊別所町を花脊峠に向かってストリート・ヴューしたのですが、民家が多くて、どの民家がロケ地か、よくわかりません。
劇中で乗用車が走っているのは国道477ではなさそうですが、弟子丸様のお見立てを教えてください。
できれば、ロケ地の民家はここだ!みたいな情報もくださると嬉しいです。

oonnoo 2018年07月23日14時04分(月)(500)

添付写真まで引用してくださり大変ありがとうございます。そうそう、この家です。ちなみに、花脊 って書いて はなせ って読みます。

oonnoo 2018年07月23日14時02分(月)(499)

三輪神社への参道の南側ですか。情報ありがとうございます。
花(背)脊にはわらやねトタン保護の民家がたくさんあり過ぎて、現地まで行ってきておきながら迂闊にも気づきませんでした。
平海水浴場=代役説 まちがいなさそうです。中村議員先生を片道5時間往復10時間拘束するわけにはまいりませんから・

ヘキサ弟子丸 2018年07月20日20時00分(金)(498)

新作「四度渡った泪橋」で自動車が写っている民家といえばこれですね。

ttp://comics.sakura.ne.jp/monjiro/yodo001.jpg

これは十中八九、旧作「第35話 雪に花散る奥州路」のラスト近くの雪の
中の斬り合いと同じ場所です。
斬り合いの時のバックに写っている民家の屋根や、その背後の木がそっく
りです。
奥州路の斬り合いの前のシーンは花背別所の三輪神社ですし、あの程度の
シーンでロケ地を移すことは考えにくいので、おそらく三輪神社への参道
の南側だと思われます。
ただストリートビューから画像が取れないので、サイトには紹介しており
ません。

房州路の画像拝見しました。
片道5時間、しかも暑い中をお疲れ様でした。
平海水浴場はストリートビューからは良い画像が取れないので、拝見できて
ありがたいです。
でもあの海沿いのシーンで中村敦夫は顔出ししてないんですよね。
ひょっとして代役+エキストラ+カメラマンだけでお手軽に撮影したんじゃ
ないかと疑っています。

oonnoo 2018年07月20日12時18分(金)(497)

弟子丸様
ところで、
新作第7話「四度渡った泪橋」に出てくる4兄弟の農家ってどこかごぞんじですか?
見晴らしのいい斜面に建ってます。遠くのほうに乗用車がはしってます(天保時代なのにw)。
些細な情報でも、なんでもいいので、教えてくださると嬉しいです。

oonnoo 2018年07月20日12時15分(金)(496)

「あの木造橋」の探索、そんなに大変だったんですか・・・
他にも問い合わせたら「自分で作ったら」って言われましたw
探索=作るぐらい大変、そうですね。

寺田農のオスカープロモーションか、橋梁専門家、京都府歴史の専門家に訊いたほうが早そうですね。

ヘキサ弟子丸 2018年07月19日20時02分(木)(495)

夜泣き石の画像拝見しました。
やはりロケ地はあそこで決まりですね。

ところで、あの木造橋の探索は止めた方がいいですよ。
私も「どうせ亀岡盆地の桂川にかかる旧橋だろう」とたかをくくって
探しましたが、見つかりませんでした。
以来、丹波篠山も、福知山の由良川も、京都市内の桂川も、巨椋池干
拓地も、滋賀県の瀬田川も野洲川も愛知川も姉川も、伊賀上野も、奈良
の大和川も、とにかく思いつく限り調べましたがだめでした。
はっきり申しまして、人生の貴重な時間を浪費するだけです。

oonnoo 2018年07月18日13時05分(水)(494)

あっしは、
貴ブロクの、★「第14話 水神祭に死を呼んだ」「第24話 女郎蜘蛛が泥に這う」に出てくる橋★
に、非常に興味あります。

流れ橋にも負けないぐらいの雄大な構造物ですね。
南丹市か亀岡市にあったと思われます。

些細な情報でもなんでもくださると嬉しいです。




oonnoo 2018年07月18日12時57分(水)(493)

ヘキサ弟子丸様
丁寧な返信コメントありがとうございます。

弟子丸様は国土地理院アーカイブズから古い航空写真を取り寄せられていますが、上からみるのと、横から見るのとでは同定は困難ですものね。

ヘキサ弟子丸 2018年07月17日20時12分(火)(492)

お百度の海岸沿いの橋、お屋敷、石段の神社すべてお手上げ状態です。
橋については、京丹後市の竹野川の河口に木造の橋があるのですが、
いまいちしっくりきません。
神社の石段も、非常に特徴的なんですがねえ。

紋次郎気質のサイトは私も一通り目を通しましたが、もうすでに明
らかになっているロケ地は、思い切って割愛しちゃってます。

oonnoo 2018年07月17日17時07分(火)(491)

連投失礼します。
「駈入寺に道は果てた」の満徳寺(駈入寺)について述べているブログをみつけたので、ご紹介しますね。蛇足でしたらごめんなさい。
ttp://kogarashi1940.blog10.fc2.com/blog-entry-68.html
(↑先頭に小文字のhを付けて下さい)


oonnoo 2018年07月17日16時59分(火)(490)

ヘキサ弟子丸さま
新作第26話「お百度に心で詫びた紋次郎」 をビデを視聴しました。

・日本海っぽいところで撮影、鉄道橋みたいなのが出てきます。

・清兵衛さんの屋敷・・・時代劇では定番のロケ地だと思うのですが、とんと検討がつきません。

・お百度参りする神社・・・すごくりっぱできれいな石積み&急勾配の長い階段。昭和後半の建築と思います。

弟子丸さま、紋次郎ファンのみなみなさま
上記3点、もしロケ地ごぞんじでしたら、ご教示ください。


oonnoo 2018年07月17日16時53分(火)(489)

ヘキサ弟子丸さま
いつもお世話になってます。ジョウジュウ寺のサイト拝見しました。
あっしが訪れた2018/4とほとんど一緒ですね。

「第16話 月夜に吼えた遠州路」 の冒頭に富士山・・・ですね。今週末に確認してみます。
情報ありがとうございます。。


ヘキサ弟子丸 2018年07月13日19時54分(金)(488)

浄住寺の画像拝見しました。
あそこは以前から気になっていたものの、なかなか見つからず諦めていた
のですが、今年になって何気なくググってみたところ、下記のサイトが
ヒットしました。

ttp://blog.livedoor.jp/hikaruhikaru15/archives/73260960.html
(↑先頭に小文字のhを付けて下さい)

今は見つからなくても、こまめにググってやると情報がアップされている
こともあるようです。
またここしばらく、古い時代劇ドラマや映画をチェックしておりますので
思わぬ所からロケ地が判明することがあるかもしれません。
気長にお待ち下さい。

それからこれは確定情報ではありませんが「第16話 月夜に吼えた遠州路」
の冒頭に富士山が映りますが、あれは新東名高速の新清水インターあたり
で撮影したのではないかと思います。
なんとなく雰囲気が似ています。

ttp://okami.shizuoka.jp/wp/wp-content/uploads/2015/02/IMG_3557.jpg
(↑先頭に小文字のhを付けて下さい)

oonnoo 2018年07月13日08時51分(金)(487)

弟子丸様 返信コメントありがとうございます。
あっしも、まだ15個ぐらい視聴していなくて、BS再放送を気長にまってます。
亀岡の三俣渓谷、グーグルマップで見ました。
亀岡、池が意外とたくさんある。紋次郎がおじいさんを担いで歩く、凍てついたおおきな池を特定するのは難しい・・・・

「木枯し紋次郎のロケ地」の新しいネタ、また折々ろアップしてくださると、大変うれしいです。





ヘキサ弟子丸 2018年07月11日20時57分(水)(486)

「命は一度捨てるもの」はDVDに焼きもらしたらしく、今となっては
見返すことができません。
ああ自分が恨めしい。

例の崖を画像検索だけで見つけるのはかなり難しいと思います。
何しろ四十数年前の番組ですから、あんな辺鄙な崖道だと、すでに木が
うっそうと茂っていて、完全に埋もれている可能性が大きいです。
しかしあそこはどこなんですかねえ?
亀岡に三俣渓谷というのを見つけたんですが、そこの崖もそれっぽいん
ですが。

oonnoo 2018年07月11日16時45分(水)(485)

新作:第21話 命は一度捨てるもの をビデオ視聴しました。
「まんが日本昔話のおじいさん」が生出演されていて、とてもよかったです。紋次郎も犯人もたじたじ・・・。 
紋次郎がおじいさんを担いで、凍てついたおおきな池を歩くのです。コンクリートブロックがまる見えでした。
 
弟子丸さま、紋次郎ファンのみなみなさま
もしこの池の場所を御存じでしたら、おしえてください。

oonnoo 2018年07月11日16時39分(水)(484)

ヘキサ弟子丸様
下2段のメールを拝受できました。あっしのヤフーメールかパソコンか通信状況か、ときどきイカレマス。

旧作:怨念坂、と新作:甲州路の黒い影をビデをで視聴しました。

怨念坂は、(1)村人たちが射ごろされるチャートの露頭の場面と、
(2)紋次郎&高野長英があがつていく斬り通しの岩だらけの歩道と、
(3)浪人と紋次郎のラスト立ち回り場所と、
     (4)死体(人形)がなげおとされるオーバーハングと、
     (5)全景 &浪人が展望しているてっぺん

どうやら全てべつべつな場所の合成ですね。

(5)は、だいぶ開けた山合いみたいなので、ほ津峡説にくらがえします。「清滝川 崖」の画像検索したのですが、似たところを見つけれませんでした。
甲州路で三戸部スエさんが立っているところだとおもいます。

(1)-(4)は、保津峡ではないような気がします。
弟子丸さまですら見当がつかないといわれると、ますます行ってみたくなりますねえ。怨念坂。
ロケ隊が機材をかついで入るのだから、車道から近いはずなのですが・・・・


ヘキサ弟子丸 2018年07月10日21時09分(火)(483)

駈入寺のラストのお寺は丹波国分寺ですね。
おそらく国分寺境内に実在する大木を上から下になめて一旦カット。
そこから後はかねて用意の大道具の根元を撮るという流れでしょうね。
あんな都合のいい大木が門前にあるはずありませんからね。

(この内容はメールで送っておりません)

ヘキサ弟子丸 2018年07月10日20時07分(火)(482)

とりあえずメールの件ですが、そちらから届いたメールは
 『「第24話 女郎蜘蛛が泥に這う」のお社』
が最後となっております。
それ以降はこちらに届いておりません。
こちらのメール設定はいじっていないのですが、どこに原因があるのでしょう?

(念のため上記と同じ内容をメールしておきました。こちらからは届くでしょうか?)

oonnoo 2018年07月10日13時41分(火)(481)


駈入寺のお話、ビデヲで入念に視聴しました。

駈入寺は、どうやら丹波国分寺のようです。

それに、欅の大木と、洞の写真を切り貼りして、3場面の合成みたいです。

丹波国分寺で画像検索したら、丁寧にも欅の大木まで出てきましたよw

しかし、洞の画ぞうはみあたりません。

あれは大道具なのかもしれませんね。

弟子丸様、もし洞の実物をごぞんじでしたら、お手すきのときに教えてくださいませ。


oonnoo 2018年07月10日13時40分(火)(480)

当方のウェブメールの送信ボタンを押しても、そちらに届いてない感じです。
しばらくしたら、また試してみます。

oonnoo 2018年07月10日13時39分(火)(479)

ヘキサ弟子丸様

2018.7 関西4日間ぶっつつけで雨でした。亀岡市のロケ地たちは大丈夫でしょうか。

★「第24話 女郎蜘蛛が泥に這う」と「第28話 飛んで火に入る相州路」の二股道は、「京都府亀岡市曽我部町犬飼」の犬飼川上流(通称犬飼林道)らしい★
現地写真を添付いたします。

駈入寺で女2人の逃避行の斜面墓地、貴重な情報ありがとうございます! 秋になってすずしくなったら、探訪してみますね。


ヘキサ弟子丸 2018年06月29日20時04分(金)(478)

画像拝見しました。
なるほど現状はこうなっているんですか。
住人さんからの裏付け証言が得られたのも収穫でした。
水神祭ではここを紋次郎や寺田農や田崎潤が通ったんですねえ。
なかなか感慨深いです。
それにしても西側に立ち入れないのが心残りです。

ところであの木は桜じゃなくて梅だったんですか。
どうもそちらには疎いものでさっそく本文を訂正することにします。

oonnoo 2018年06月29日08時40分(金)(477)

今しがた、送信しました。
コメントつきです。
写真が多いので、日数を書けて、ぼちぼち送信いたしますね。
ご不明な点がございましたら、なんなりとお問い合わせください。

ヘキサ弟子丸 2018年06月28日19時39分(木)(476)

なるほどそういうことですか。
メール添付の件、何の支障もございませんので、下記までどしどしお送りください。

xs650spl@ace.ocn.ne.jp

oonnoo 2018年06月28日12時43分(木)(475)

弟子丸様
ご案内ありがとうございます。
すみません。お届けしたい画像は、ネット空間の画像ではなく、ただのjpg画像です。橋と川と東隣の細長い建物 等等、約5枚あります。

貴サイトに[sp650・・・」アドレスがあるので、あっしのヤフーメールからこのアドレスに画像を添付・送信して構いませんか?

ヘキサ弟子丸 2018年06月27日19時32分(水)(474)

いやあ、行動力旺盛な紋次郎ファンがいらっしゃるのは心強いです。

ところでエンベッドできない件ですが、この掲示板は半角の「HTTP」
や「WWW」をはじく仕様になっております。
おそらく書きこんだ後、送信ボタンをクリックされても、内容が反映され
ないまま掲示板が再表示されたと思います。
以前、サイト宣伝のURLを大量に書きこむ輩が出没したため、その対策
として追加しました。

ですので内容に半角の「HTTP」「WWW」が含まれる場合は、そこだ
け「全角」にするか、「TTP」や「WW」のように文字の一部を削ってくだ
されば書きこめるはずです。
なおURLに対して自動的にリンク処理を施すという高度なことはしてお
りません。

いろいろとご不便をかける掲示板ですが、何分よろしくお願いします。

oonnoo 2018年06月27日11時21分(水)(473)

情報ありがとうございます。
「第20話 甲州路の黒い影」に登場するすごい崖の下に、小川が流れているので、清滝川(ホ津川じゃなくて)だと思います。
引き続きリサーチします。


貴ブログの
★「第14話 水神祭に死を呼んだ」の大田切神社の橋は「京都府亀岡市曽我部町犬飼山田」と「犬飼向山田」★
の文末に、
「現地はストリートビューが通っているが、橋の東側だけなので、本編のような画像が取れない。どなたか現地に行って、土手や橋の西側から写真を撮ってきませんか?」
というアナウンスがあったんで、あっしが撮ってきました。

この掲示板にエンベッドしようとしたけど、うまく行きません。
送信方法をご教示ください。


ヘキサ弟子丸 2018年06月24日10時31分(日)(472)

お褒めいただき恐縮です。
さてくだんの崖ですが、甲州路を見る限り、そこそこ大きな川の
そばのようですので、保津峡か清滝川周辺ではないかと思われま
す。
また怨念坂で紋次郎が歩く崖道に、縦の地層が見えますが、あれ
も保津峡に見られるチャートという地層に思えます。
しかしながら、現地にストリートビューが走っておりませんので、
確認のすべがありません。
ネットの保津峡・清滝を撮影した写真を見ても、それらしい場所
は見当たりませんし、もうお手上げ状態です。

oonnoo 2018年06月19日17時44分(火)(471)

さて「第31話 怨念坂を螢が越えた」にすごい崖の画像がでてきます。
また新 木枯し紋次郎「第20話 甲州路の黒い影」にもすごい崖の画像がでてきます。
両者、おなじ崖だと思うのです。
ぜひ、訪問したいので、詳しい場所を教えてくださいませんか。
楽しみに待ってます。

oonnoo 2018年06月19日17時41分(火)(470)

はじめまして あっしは木枯し紋次郎のファンでござんす。貴サイトの「木枯し紋次郎のロケ地」がとても素晴らしく、感動しました。年に数回、紋次郎のロケ地めぐりを楽しくめぐってます。

ヘキサ弟子丸 2013年04月16日19時13分(火)(424)

訂正

武蔵引田駅→武蔵増戸駅

p002.jpgの画像はキャプチャミスで少し横長になっています。

ヘキサ弟子丸 2013年04月15日20時31分(月)(423)

情報ありがとうございます。
警察署と消防署の場所については、猪苗代町のあの界隈ではイマイチ
しっくりこず、明確に「ここ」と書くのは避けておりました。
移転・取り壊しがあったのかと単純に考えていたのですが、一度本宮
という路線で調べてみたいと思います。
実際に目にされた方の情報は助かります。
なおラストシーンの駅については、下記の情報から「秋川駅」と判断
しました。

↓あきる野市の秋川駅の少し北から西方向を撮影された画像です。
ttp://comics.sakura.ne.jp/p001.jpg
↓警察日記のラスト近くの駅のシーンです。
ttp://comics.sakura.ne.jp/p002.jpg
↓蒸気機関車C105の配備情報です。
ttp://d51498.com/db/C10/C105
(URLの先頭には小文字のhを付けて下さい)

「山並みの一致」と「五日市線配備」が根拠となっております。
武蔵引田駅も考えられるのですが、あの駅は2面3線のホームですの
で除外しました。(映画の駅は2面2線のようにしか見えません)

有爺 2013年04月15日12時07分(月)(422)

警察日記ネタから、こちらにたどりつきました。
DVDを注文したばかりで、CSでしか見たことがないのですが、
警察署・消防署・ラストシーンの駅は本宮ではないでしょうか?
隣り合った狭い警察署と消防署の外観は何となく見覚えがあります。

ヘキサ弟子丸 2012年11月01日20時35分(木)(411)

こちらこそよろしく。

クラシック70 2012年10月30日21時44分(火)(410)

これ又貴重な情報、ありがとうございます!
十年以上前に遂に憧れのデ・ローザを手に入れてから、
自転車雑誌やサイトは余り見なくなっていたので、存じませんでした。

当時のサイスポはホッチキス2点止めで、バラバラになりがちでしたよね。
そんなこともあり、手元には一冊も残っておりません。
今手元にある当時の雑誌は、初めて買ったニューサイが一冊きりです。

これに当時日本に入荷したばかりのデ・ローザの広告があり(横尾さんですw)
その下にコルナゴ・ロードレーサー 33万 と書いてあり、これが大ショックでした。
「こんなに何も付いていない自転車が、セキネVXより高いとは!」

その日以来、セキネを買って貰えなかったコンプレックスにより、
バックミラーを3つも付けていた安物のウインカー付自転車から、
今度はひたすら部品を取り去る作業が始まりました(苦笑)

…長々と自分のことばかり書いてしまい、失礼致しました。
これからも時々覗かせていただきます。今後共宜しくお願い致します。